【チェック】すっぽん小町と黒酢系サプリの比較!

【チェック】すっぽん小町と黒酢系サプリの比較!

 

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

>>最安値通販サイトを探している人はコチラ!

 

 

すっぽん小町が定番となるまで、アンチエイジングにすっぽんという考え方はそれほど浸透していませんでした。

 

それまでは、美容と体力的なアンチエイジングはバラバラに考えられていて、健康に良い=ちょっとご年配の方が手を出すサプリという雰囲気がありましたよね。

 

若い人向けの体力維持サプリが少ない中、40代くらいの女性にも飲んでいる人が多かったのが黒酢です。

 

 

今では30代40代の女性向けに、もはや定番となっているすっぽん小町があるので、あまり悩まずすっぽん小町を買う人が多いんじゃないかと思いますが、黒酢だってやっぱり実力があって選ばれていたんじゃないの?と思い、気になって調べてみました。

 

 

ところが・・・調べれば調べるほど、やっぱりすっぽん小町っていいんだな~という驚愕の結果(一番最後まで読んでいただければわかります!)になりました。

 

その結論に至るまでの、黒酢系サプリを調べた結果を紹介したいと思います。

 

 

今回調査した黒酢系サプリとは?

 

今回調査した黒酢系サプリは、こちらのメーカーの商品です。

 

健康の杜

杜のすっぽん黒酢

 

えがお

えがおの黒酢

 

サントリー

黒酢にんにく

 

花菜

三黒の美酢

 

健康家族

熟成黒酢にんにく

 

これ以外のメーカーでも黒酢系のサプリは販売されています。

 

今回は、通販人気商品を中心に、ネームバリューのあるものを比較してみました。

 

 

健康の杜『杜のすっぽん黒酢』

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

 

通販の有名サイト健康の杜では「杜のすっぽん黒酢」というサプリが販売されています。

 

すっぽん小町と同じ、1ヶ月62粒で1,728円。

 

同じ条件で2,721円のすっぽん小町より1,000円ほど安いですね。

 

すっぽん小町とよく比較される商品ですが、それはやっぱり同じくすっぽんエキスが含まれているからというでしょうね。

 

 

杜のすっぽん黒酢には、すっぽんの他にも黒酢、もろみ酢、大豆ペプチドという3つの健康成分が配合されています。

 

黒酢と言えば、一般の黄色いお酢とは違い、長時間熟成させた黒い色味が特徴。

 

直接食べた時の味も、一般的なお酢よりまろやかな酸味を感じます。

 

 

その黒酢がなぜ健康に良いと言われ、40代女性までとりこにしていたかというと、3つの主成分の効果が理由だと考えられます。

 

それは・・・

 

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく アミノ酸
すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく クエン酸
すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく 抗酸化物質

 

の3つ。

 

 

アミノ酸は、タンパク質が分解されたもので、体のあらゆる部分を支え、作るために必要な栄養素で、美容はもちろん、健康な体つくりに欠かせないものです。

 

そして、クエン酸はスタミナ不足をサポートしてくれます。

 

杜のすっぽん黒酢、すっぽん以外に含まれる健康成分の最後の1つである大豆ペプチドは、原料名ではなくタンパク質の状態を表す名称で、黒酢やもろみ酢と並べて記載されているのは不自然です。

 

 

ペプチドは、タンパク質がの状態がタンパク質より小さく、アミノ酸よりも大きい状態であることを指す名称です。

 

そのため、結局最終的にはアミノ酸となって吸収されます。

 

また、すっぽんにも含まれる抗酸化物質は、植物にも多く含まれています。

 

 

アミノ酸や抗酸化物質はすっぽんにも豊富に含まれていて、さらに言えばすっぽんにはコラーゲンや各種ビタミンなど、黒酢やもろみ酢にはない豊富な栄養素が含まれているのに、どうしてすっぽんの他にも似たような働きをする原料を使うんだろうということが不思議に思えませんか?

 

 

これは想像するに、1ヶ月あたりの金額を抑える為なんじゃないかと思います。

 

配合したい分量だけのアミノ酸や抗酸化物質を、全て高級食材であるすっぽんから賄おうとすれば、2,000円以内には絶対に収まりません。

 

 

そこで、安く手に入る食材である黒酢やもろみ酢を加えて安くしているんでしょうね。

 

 

えがお 『えがおの黒酢』

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

 

えがおから出ている「えがおの黒酢」は、なんと杜のすっぽん黒酢よりまだ安い1ヶ月62粒1,555円。
こちらもやっぱり大豆ペプチド、黒大豆ペプチド、エンドウ豆ペプチドやもろみ黒酢、納豆キナーゼを配合しています。

 

 

これまたアミノ酸の別名のような成分ばかりがずらり。
唯一毛色が違うのは納豆キナーゼですが、この成分、科学的に証明されている効能はアルツハイマーの予防という、30代、40代女性が黒酢やすっぽんに求める高価とはちょっと違うような・・・。

 

 

このえがお通販では、同じ価格でなぜか1ヶ月60粒入りと、黒酢サプリより2粒少ない分量のすっぽん黒酢という商品を扱っていますが、こちらにはもろみ黒酢や第ぞペプチド、納豆キナーゼなど豊富にあったサポート成分が配合されていません。

 

 

すっぽんを配合すると、1,555円で売りたいという予算の都合上、1ヶ月あたりを2粒減らしても余分な成分は配合できなかったんでしょう。
だんだんわかってきましたね。

 

 

サントリー 『黒酢にんにく』

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

 

60粒(約30日分)1,555円と180粒(約90日分)5,929円が選べます。

 

どちらも定期コースのお値段ですが、安いですよね。

 

 

こちらも黒酢と黒酢もろみ、にんにくが配合されています。

 

配合されているにんにくは、にんにくサプリではおなじみの福地ホワイト六片。

 

 

ここで調べた黒酢サプリと比べても、ものすごく成分にこだわりがあるような感じではなく、それなら金額の同じえがおの黒酢を選んだ方がお得な気がします。

 

大手ですから、金額的にも配合する材料的にも冒険しないのかもしれませんね。

 

 

花菜 『三黒の美酢』

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

 

こちらも人気のある黒酢サプリ、「三黒の美酢」。

 

 

1ヶ月分は62粒でで2,660円。

 

これまでご紹介した黒酢サプリよりちょっとお高めですね。

 

 

原材料を見ると、メインの成分は黒酢もろみ、黒にんにく、黒卵黄と、三黒の美酢というだけあって、黒い素材が3種類です。

 

いずれも高いアミノ酸含有量が特徴で、やっぱりすっぽんと比較されやすい成分ですね。

 

こちらはどの原材料も、希少ではありますが、すっぽんほど高いものではありません。

 

 

黒にんにくをメインに据えたサプリの価格はボリュームゾーンで1,500円程度、黒卵黄は黒にんにくと共に配合されていることが多く、そちらも大体1,500円~2,000円です。

 

 

そう考えると、ちょっとコストパフォーマンスに疑問が残る商品化もしれません。

 

 

健康家族 『熟成黒酢にんにく』

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

 

今回の調査で最後に調べたのが、テレビ通販でも同じ健康家族の「熟成黒酢にんにく」です。

 

こちらは1袋62粒で2,160円。

 

全てオーガニック栽培の、黒酢、黒酢もろみ、にんにくの3つをメイン成分に据えています。

 

 

健康家族はにんにくにこだわっていて、自社農場やにんにくの研究施設を持っているみたいです。

 

一般的な黒酢サプリより若干高額なのは、自社施設に投資しているからだと考えられます。

 

 

ただ、ちょっと細かいことを指摘すると、このサプリに配合されている黒酢もろみは黒酢を醸造する過程で産出するもの。

 

いわば、醤油を作ったときに生じるたまりのようなものです。

 

なので、「それ、別々の主要成分として記載するんだ・・・」という違和感が残ります。

 

もちろん販売している側は、配合されている黒酢と黒酢もろみが同じものであるということはわかっているので、公式ページにもあまりはっきりとした黒酢もろみについての説明はありません。

 

あくまで黒酢ではなく、自社栽培しているにんにくがメインのサプリという風に感じます。

 

そして、こちらも例によって「何種類もの原料を使っているものの、その効果の源泉はほとんどアミノ酸」というパターンですね。

 

アミノ酸・・・つまりタンパク質がたくさん入っていれば良いなら、わざわざいくつもの素材を詰め込む必要はないんじゃないかと思いませんか?

 

 

 

黒酢サプリって、もしかして黒酢1本じゃアミノ酸量が全然足りなかったり、サプリとして成り立たないんじゃ・・・。

 

 

そこで、体内でアミノ酸になる「タンパク質」の量を、各サプリの栄養表示からピックアップして比較してみました。

 

すると驚愕の事実が・・・!

 

 

タンパク質含有量/1粒
杜のすっぽん黒酢 0.26g
えがおの黒酢 0.24g
黒酢にんにく 0.25g
三黒の美酢 表示なし
熟成黒酢にんにく 0.01g

 

 

そして、すっぽん小町に含まれているタンパク質は1粒あたり0.27g。

 

「えっ・・・」

 

あんなにたくさん素材を詰め込んだのに、どれもこれもすっぽん1本でがんばっているすっぽん小町より含有量低いの・・・?

 

 

しかも三黒の美酢は、探し方が悪かったのか、栄養表示を見つけることすらできませんでした。

 

一番大事なところだと思うんですが、どうなんでしょう。

 

熟成黒酢にんにくに至っては、全然タンパク質入ってないのに値段は他よりもお高めという散々な結果に。

 

 

そして注目してほしいのは、杜のすっぽん黒酢のタンパク質含有量です。

 

やっぱり、すっぽんを配合しているので、たんぱく質の量が多いんですね。

 

黒酢やもろみをたくさん詰め合わせるより、すっぽんを配合した方がアミノ酸含有量は増える。

 

なのにそうしないのは・・・。

 

 

えがおの黒酢の項でなんとなく「すっぽんが高いからなんじゃ・・・」と予測していたのは、やっぱり当たっていたんじゃないでしょうか。

 

 

黒酢系サプリは安いけどコスパが低い!

 

ということで、主要な黒酢系サプリを調査してみましたが、結局安い材料を寄せ集めてアミノ酸がたくさん入っている感を出しているという感じでした。

 

ところが、実際のタンパク質含有量は、高級食材であるすっぽんを丸ごと使っているすっぽん小町に及ばないものばかり。

 

あまり深く考えずに雰囲気だけみていると「こんなにたくさんの素材が入っているんだあ」と思ってしまいそうですよね。

 

要するに、すっぽん小町と黒酢系サプリの違いは、無垢材と集積材みたいなものだと思います。

 

家具の場合は安く買って使い捨てるという考え方もありますが、サプリは安くてあまり効果がないなら、そもそも買う必要がありません。

 

効果を求めて飲むんだから、値段や雰囲気に惑わされないようにしたいですよね。

 

 

あれもこれも配合している黒酢系サプリが「どうしてこんなに安いの~?」と、勢いで飛びつきそうになる気持ちはわかります。

 

でも、しっかり調べてみれば、あれもこれも集めなければ、アミノ酸の量が確保できない素材を使っているということなんですよね。

 

そういう意味で、アミノ酸含有量が多く、高品質なすっぽん小町を購入する方が圧倒的にコスパがいいと言えるでしょう。

 

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

すっぽん小町,杜のすっぽん黒酢,えがおの黒酢,サントリー黒酢にんにく,三黒の美酢,熟成黒酢にんにく

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

【チェック】すっぽん小町と黒酢系サプリの比較!関連ページ

【徹底比較】すっぽん小町と女性向けすっぽんサプリの違い
すっぽん小町とすっぽんサプリ系の違いについて比較した結果について解説しています。